睡眠サプリで安眠しよう〜眠れないあなたにお届けしたい快眠生活

夢眠(ゆめねむ).com

ビタミンと睡眠の関係性と睡眠に良い働きをもたらしてくれるビタミンにはどういったものがあるのか?

更新日:

ビタミンと睡眠は実は深く関係しています。色々なビタミンがある中で、特に睡眠に効果的に働きかけてくれるのが「ビタミンB1」「ビタミンB12」「ビタミンC」「ビタミンE」です。

これらのビタミンは良質な睡眠を促してくれます。そこで、ビタミンがなぜ睡眠に良い働きを促してくれるのかを調べてみました。

【ビタミンB1が持つ睡眠効果】

ビタミンB1 ロース豚ビタミンB1は良質な睡眠をサポートしてくれるビタミンで、良い睡眠が得られることで、疲労回復につながり、日中の眠気をスッキリさせてくれる効果が期待できます。

日中眠気をよく感じてしまうために夜になるとスムーズに眠れないといった悩みを抱えている人はビタミンB1不足に陥ってる可能性があります。

ビタミンB1を意識して摂取するようにすれば、身体の機能が整うようになり、熟睡できる体質に改善できます。

ビタミンB1は豚肉、うなぎ、ニンニクに多く含まれています。

【ビタミンB12が持つ睡眠効果】

ビタミンB12魚介類ビタミンB12は睡眠や覚醒に関わっているビタミンです。

夜更かしや不規則な生活習慣で乱れた体内時計を正常に戻し、睡眠リズムを整えてくれる効果が期待できます。

また、神経機能を維持する働きもあるので、精神の安定にもつなげてくれます。

特にストレスでなかなか眠れないといった悩みを抱えている人に積極的に摂取してほしいのがビタミンB12です。

ビタミンB12は魚類、貝類、レバーに多く含まれています。

【ビタミンCが持つ睡眠効果】

ビタミンC柑橘類睡眠が足りてないからたっぷりと寝れば問題ないと思われがちですが、良質な睡眠を得るにはただ寝ればよいというわけではないのです。

トータルの睡眠時間が短くなくても、布団に入ってから寝付くまでに2時間も3時間もかかってしまったり、夜中に何度も目が覚めるようであれば睡眠がしっかりとれているとは言えません。

入眠までに時間がかかったり、夜中に何度も目が覚めてしまうのは睡眠の質が低下しています。

そうした睡眠の質を上げてくれるのに役立つのがビタミンCです。

ビタミンCには抗ストレスホルモンや抗酸化作用があり、これらの働きによってストレスを緩和につなげ、徐々に睡眠の質を高めてくれます。

ビタミンCは野菜や果物に多く含んでいるので、デザートやスムージーなどでビタミンCを摂取するようにすることで、良質な睡眠へと働きかけやすくなります。

【ビタミンEが持つ睡眠効果】

ビタミンE ナッツ類慢性的に睡眠不足状態が続いてしまうと、頭がボーっとしたり、気分も下がってしまいます。

こうした睡眠不足によって気持ちが下降しているときにはビタミンEがお勧めです。

ビタミンEには抗酸化作用があって、記憶力のアップや気分を上げてくれる効果が期待できます。

ビタミンEはアーモンドやピーナッツ、松の実などのナッツ類に多く含まれているので、おやつやおつまみとして摂取するのが良いです。

よって、ビタミンB1、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンEが良質な睡眠へと働きかけてくれます。

気持ちの乱れやストレスを抱えている状態では、いくら寝る時間を確保できても良い睡眠とは言えません。

睡眠の質を上げることで、熟睡を促してくれたり、目覚めをスッキリしてくれ、睡眠不足で下がりがちな気持ちも高めてくれます。

こうしたビタミン類を食事だけで摂取するのが難しい場合はサプリメントから摂取することでより手軽に摂れるので、サプリメントを活用しながら、ビタミンを意識的に摂り入れることで睡眠環境の改善につなげ、悩みを解消してくれます。

オススメサプリはこれ!

「ネムリス」は、特許取得の天然ハーブで快適な眠りをサポート!


睡眠サポートサプリ「ネムリス」は、睡眠効果のある天然のハーブ成分「ラフマ葉抽出成分」を30mg配合

ラフマ葉抽出成分は、古くから血圧を下げたり、精神を安定させる生薬として利用されてきたほか、快眠成分として特許まで取得しています。また、「L-テアニン」や「トリプトファン」などの睡眠サポート成分もたっぷり12種類配合。

無農薬素材なので、副作用もなく安全性も高いです。

今なら初回限定1人3個まで1,330円おトクになる「お試しパック」が購入可能。定期便ではない買い切りなので、初めてでも安心して購入できますね。

>>最安値で買える公式サイトはこちら

-眠りの基礎知識

Copyright© 夢眠(ゆめねむ).com , 2018 All Rights Reserved.