眠れないあなたにお届けしたい快眠生活〜睡眠サプリで安眠しよう

夢眠(ゆめねむ).com

不眠症や過眠症とは違う?昼間に眠くなる時に注意したい3つの病気

更新日:

規則正しい時間に7〜8時間睡眠をしっかり取っていても昼間になると眠く感じてしまう人も少なくないでしょう。

しっかり睡眠を取っているのに昼間に眠くなってしまうのは睡眠の質が悪い不眠症や寝過ぎて疲れている過眠症の可能性が高いです。それで不眠症や過眠症の治療をしていく事になりますが、人によってはそれ以外の病気になっている可能性もあります。

しっかり睡眠を取っているのに昼間に眠くなってしまう時に不眠症や過眠症以外では見逃しやすい病気なので注意が必要です。

そこで不眠症や過眠症以外でしっかり睡眠を取っているのに昼間に眠くなってしまう時に見逃しやすい病気を挙げていく事にしましょう。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠中にいびきをかく人がいますが、睡眠時無呼吸症候群にかかってしまった時の症状もいびきが出ます。睡眠中に気道が狭くなって呼吸がしにくくなってしまう事でいびきが酷くなってしまいます。

睡眠時無呼吸症候群は日常生活の中で疲労やストレスを溜めてしまうと出てしまう事が多いと言われていて放置してしまうと心臓など重要な部位に負担をかけてしまい命に関わる危険性もあります。

症状がいびきなので自分で気づくのは難しいですが、しっかり睡眠を取っているのに昼間に眠くなる症状が出たら睡眠時無呼吸症候群になっている可能性がある事も頭に入れておきましょう。

レストレスレッグス症候群

レストレスレッグス症候群は睡眠中にベッドで横になっている時に足に違和感や不快感を感じる病気になります。症状が軽いと違和感や不快感で済みますが、症状が酷くなると痛みが発生してしまう事があります。

痛みを感じてしまうと睡眠中に足を動かさずにいられなくなってしまうので自分では気づかないうちに不眠になってしまっている事もあります。主に全身の血流が悪くなっていてむくみやすくなっていると起こりやすい病気です。

睡眠中に足に違和感や不快感を感じたらレストレスレッグス症候群になっている可能性がある事も頭に入れておきましょう。

肥満肺胞低換気症候群

基礎代謝が低下してくると体に脂肪が蓄積されやすくなってしまいますが、胸部や腹部に脂肪が蓄積されてしまうと肺の換気が出来なくなってしまいます。

肺の換気が出来なくなると睡眠の質が悪くなってしまうので自分では気づかないうちに不眠になってしまっている事もあります。この病気を肥満肺胞低換気症候群と呼ばれていて睡眠中に判断するのはなかなか難しいです。

胸部や腹部に脂肪が蓄積されていてしっかり睡眠を取っているのに昼間に眠くなる症状が出たら肥満肺胞低換気症候群になっている可能性がある事も頭に入れておきましょう。

オススメサプリはこれ!

「ネムリス」は、特許取得の天然ハーブで快適な眠りをサポート!


睡眠サポートサプリ「ネムリス」は、睡眠効果のある天然のハーブ成分「ラフマ葉抽出成分」を30mg配合

ラフマ葉抽出成分は、古くから血圧を下げたり、精神を安定させる生薬として利用されてきたほか、快眠成分として特許まで取得しています。また、「L-テアニン」や「トリプトファン」などの睡眠サポート成分もたっぷり12種類配合。

無農薬素材なので、副作用もなく安全性も高いです。

今なら初回限定1人3個まで1,330円おトクになる「お試しパック」が購入可能。定期便ではない買い切りなので、初めてでも安心して購入できますね。

>>最安値で買える公式サイトはこちら

-眠りの基礎知識

Copyright© 夢眠(ゆめねむ).com , 2018 All Rights Reserved.