眠れないあなたにお届けしたい快眠生活〜睡眠サプリで安眠しよう

夢眠(ゆめねむ).com

なぜ眠れないの?眠れないひとのための安眠ガイド

更新日:

体は疲れてクタクタになっているのにベッドに入った瞬間「眠れない…」

やっと眠れたと思ったら夜中に目が覚める…

眠りが浅くて疲れが取れない…

この状態が続くと、肉体的・精神的にもダメージを与えます。

では、ぐっすり寝て体を休めるにはどんな方法があるのでしょうか?

これから、不眠でお悩みの方に詳しく書いていきますのでしっかり対策をしていきましょう。

体の不調のサインを見逃さない

不眠は体の中の不調が蓄積されて症状として現れてきます。

・ストレス

・疲労

・悩みごと

・体が冷えている

などが挙げられます。

特に生活リズムが崩れている人ほど「不眠症状」は起こりやすくなります。

この症状を放置しておけば「食べ物もおいしくない」「日中ボーっとする」体調の部分でも変化が起きてしまいます。

改善しなければ悪化してしまう危険性もあるのです。

崩れたリズムを戻すには?

簡単に戻す方法としては「朝、太陽の光と共に起きる」習慣をつける事です。

自然がもたらす、太陽光を「目覚まし時計」代わりにしましょう。

朝、太陽光を浴びると、自律神経が正常になって体内時計もリセットされます。

同時に「睡眠ホルモン」に予約がはいり、朝日を浴びてから14〜16時間後に自然の眠気を促す特徴があるからです。

夜の行動は控えめに

だからと言って昼間の緊張を引きずってしまうとどうしてもうまく眠れません。

夜は出来るだけ行動を控えて「寝る状態」を整えていきます。

仕事のオン・オフはきちんと切り替えるようにして、パソコン・携帯も夜は見ないなど心掛けることが重要です。

安らかに眠れるようにゆっくりした「時間」も心掛けましょう。

食事も工夫して眠りを誘う食品を取ろう

レンコン食べ物は「腹八分目」が基本です。

お酒も飲み過ぎると逆に目が覚めてしまう効果があります。

そこで眠気をさそう食品を食事の中に取り入れてはいかがでしょうか?

・眠気をさそうたべものは「レンコン」

古くから「薬用」として食べられていました。

主な成分は「でんぷん」ですが体内のエネルギーとなって体を温める効果があります。

中でも大量に含まれる「ビタミンC」の存在。加熱をしても破壊しません。

人はストレスを感じるとビタミンCと大量に消費をします。

このビタミンCが不足をするとストレスに弱くなって「不眠」などの不調が起こります。

ここでビタミンCが豊富な「レンコン」を摂取することで、ストレスへの抵抗力を高める事ができます。

頑張りすぎないで

人は2時間遅く起きる事にストレスは感じません。

逆に2時間早く起きる事に強いストレスを感じてしまう生き物です。

朝に起きようとしてもいきなり2時間も早く起きる必要はありません。

無理をしない程度に今日は30分早めに起きるなどで慣らしていきましょう。

無理のない対策こそ「安眠」の第一歩です。

オススメサプリはこれ!

「ネムリス」は、特許取得の天然ハーブで快適な眠りをサポート!


睡眠サポートサプリ「ネムリス」は、睡眠効果のある天然のハーブ成分「ラフマ葉抽出成分」を30mg配合

ラフマ葉抽出成分は、古くから血圧を下げたり、精神を安定させる生薬として利用されてきたほか、快眠成分として特許まで取得しています。また、「L-テアニン」や「トリプトファン」などの睡眠サポート成分もたっぷり12種類配合。

無農薬素材なので、副作用もなく安全性も高いです。

今なら初回限定1人3個まで1,330円おトクになる「お試しパック」が購入可能。定期便ではない買い切りなので、初めてでも安心して購入できますね。

>>最安値で買える公式サイトはこちら

-眠りの基礎知識

Copyright© 夢眠(ゆめねむ).com , 2018 All Rights Reserved.