睡眠サプリで安眠しよう〜眠れないあなたにお届けしたい快眠生活

夢眠(ゆめねむ).com

いつも質が悪い?睡眠の質を上げる方法

更新日:

いつも質が悪い?睡眠の質を上げる方法

寝ても寝ても寝足りない、たくさん寝たはずなのにすっきりしない…それは睡眠の質の問題かもしれません。

質の悪い睡眠を長く続けていても、疲れはなかなか取れませんし、よく寝た!と、心地よい朝を迎えるのは難しいかもしれません。では、睡眠の質を上げるにはどのような方法があるでしょうか?これについて、私が実践している方法を3つほど、理由も述べて提案していきたいと思います。

1.就寝時間、起床時間を決める

時間のイメージ(時計)睡眠のサイクル、一定のリズムとして、一般的に『体内時計』などと呼ばれているものがありますが、簡単に言えばそれを決めてしっかりと日中に行動出来るようにしよう、と言う話です。日中時間にセロトニンが、夜の時間にはメラトニンがそれぞれ分泌されると言うリズムがヒトの体には備わっていますし、自律神経や脳の働きなど、他にも様々なメリットが生まれます。こうして整えられた体調では良く動く事が出来ますから、日々の中でもよい疲れ方をしてぐっすり眠る手助けにもなり得ると予想されます。良い汗をかいた日は良く眠れますからね。

2.寝る前にコップ一杯の水を飲んでおく

サプリを飲むイメージ眠りについている間に、汗をかきますよね。実は、汗をかく事で体温が下がり、眠りは深くなっていくのです。体温を一度下げるだけで眠りやすくなるというお話を聞いたことはありませんか?寝る前に温かいものを飲んで落ち着いてから眠りにつく、これは体温をあらかじめ上げておくことによって、いつもの熱に戻った時には体温が下がっているので眠りやすくなっているのです。そのため、汗をかくから飲む、落ち着くから飲む、どちらでも構いませんが、キンキンに冷えた水を飲むのは出来るだけ避け、常温のお水をコップ一杯分飲んでから眠ると、緩やかに、ゆっくり深い眠りに落ちていきますので、睡眠の質を上げるのに繋がるかもしれませんね。

3.眠らなきゃ、と焦りすぎないこと

リラックス明日も仕事、学校があるのに眠れない…となると、焦ってしまいますよね。早く眠らなきゃ、と言う焦りは脳が覚醒して興奮状態になり、体を余計に眠れなくさせてしまいます。もちろん、質のいい睡眠が取れるはずもありません。こういった場合には、一度起きてしまって、眠たくなったら眠るくらいの心づもりでいた方が、よい睡眠をとれます。焦ることによってストレスも溜まってしまいますので、ここで大切なのは眠れなくても焦らないことです。眠ろう、眠ろうと努力しすぎるのは、眠るために頑張って激しい運動をしているようなもの。ゆっくり落ち着いてみましょう。

いかがでしたでしょうか?本文が皆様のよい睡眠の助けになることを祈っております。

オススメサプリはこれ!

「ネムリス」は、特許取得の天然ハーブで快適な眠りをサポート!


睡眠サポートサプリ「ネムリス」は、睡眠効果のある天然のハーブ成分「ラフマ葉抽出成分」を30mg配合

ラフマ葉抽出成分は、古くから血圧を下げたり、精神を安定させる生薬として利用されてきたほか、快眠成分として特許まで取得しています。また、「L-テアニン」や「トリプトファン」などの睡眠サポート成分もたっぷり12種類配合。

無農薬素材なので、副作用もなく安全性も高いです。

今なら初回限定1人3個まで1,330円おトクになる「お試しパック」が購入可能。定期便ではない買い切りなので、初めてでも安心して購入できますね。

>>最安値で買える公式サイトはこちら

-眠りの基礎知識

Copyright© 夢眠(ゆめねむ).com , 2018 All Rights Reserved.