眠れないあなたにお届けしたい快眠生活〜睡眠サプリで安眠しよう

夢眠(ゆめねむ).com

毎晩ぐっすり眠りたい!

朝起きてもだるくて布団から出られない・・・疲れているのにすっと眠れない・・・たっぷり寝たのに熟睡した感じがしない・・・などなど、眠りに問題を抱える人が最近非常に多くなってきています。

人は人生の半分近くを睡眠に費やしているのですが、現代の日本では国民の約20%が不眠を訴えていると言われています。1日で消耗した細胞をしっかりリフレッシュさせるためにも「眠りに問題がある」というのは大変つらいものです。

眠れない睡眠不足や不眠のお悩み

眠れない睡眠不足や不眠のお悩み

最近、寝不足が続いてるからお肌の調子も悪くて…どうにかならないのかしら?

眠りの質を改善する方法としては様々なものがありますが、代表的なものとしては以下の4つがあります。

「眠れない」を解消し睡眠の質を向上させる4つの方法

改善方法 身体への影響 コスト 手軽さ
医師から睡眠導入剤を処方してもらう 副作用の恐れあり
睡眠改善薬を服用する 副作用の恐れあり
寝具の変更やリラクゼーションなど睡眠環境を整える なし
睡眠サポートサプリを服用する なし

>>「睡眠導入剤」と「睡眠改善薬」の違いについてはこちら

人によっては確実に効果が見込めるのが、医師から処方してもらう「睡眠導入剤(睡眠薬)」や、ドラッグストアなどでも購入できる「睡眠改善薬」ですが、これらは医薬品になりますので、副作用の心配をされる方も多いと思います。

そんな方は、副作用の心配もなく手軽に利用できる「睡眠サポートサプリ」を最初に試してみるのはいかがでしょうか?

睡眠サプリは、ストレス緩和やリラックス作用のある成分や、深い眠りをもたらすための成分を効率的に摂取することで、体の内側から「睡眠の質」を高めてくれます。

こちらで紹介する商品は、どれもハーブなどの天然成分を使用しているものばかりですので、身体への負担も少なく、副作用の影響を心配する必要はありません。

毎日眠れなくてどうにかしたい!と悩んでいる人は、手軽に利用できる「睡眠サポートサプリ」から初めてみることをオススメします。

私も試しにネムリスを30日間飲み続けたんですが、日中うたた寝することもなくなり、仕事に集中できるので残業時間が大幅に減りました!
また、休日でも朝早くに目覚めることができるので一日が長く感じるように…
パッケージも化粧品のようにオシャレで重たい感じがしないのがいいですね。

睡眠の質を上げる「睡眠サプリ」おすすめTOP3を比較してみました

インターネットの口コミなどで人気の睡眠サプリを調査・比較し、効果、成分、価格などの独自の判断基準に基づき、3種類に絞り込みました。睡眠サプリの選び方で迷っている方は参考にしてみてください。

商品名 ネムリス-nemlis 爽眠α爽眠α(そうみんアルファ) グッドナイト27000グッドナイト27000
口コミでの評価
主な睡眠サポート成分
(数値は1日あたり)
ラフマ葉エキス(30mg)
テアニン(36mg)
クワンソウ(30mg)
メリッサエキス(10mg)
月見草(25mg)
グリシン(495mg)
GABA酵素(70mg)
トリプトファン(70mg)
ビタミンC(30mg)
ビタミンB6(9mg)
ビタミンB12(10㎍)
ナイアシン(5mg)
L-テアニン(200mg) L-テアニン(200mg)
ラクティウム(90mg)
グリシン(246mg)
GABA(102mg)
トリプトファン(102mg)
ラフマ(60mg)
カモミール(90mg)
お試し容量の価格 1,890円(10日分)
※初回のみ1人3個まで
※通常価格 2,480円
500円(7日分)
※定期購入の場合、初回のみ
990円(30日分)
※定期購入の場合、初回のみ
※通常価格 6000円
通常容量の価格 7,000円(30日分)
※初回購入のみ1人3個まで
※通常価格 5,670円
3,980円(30日分) 6,000円(30日分)
※定期購入の場合は20%OFFの4,800円
送料 無料 無料 無料
定期コース なし あり
※いつでも変更・休止・解約OK
あり
※最低3回まで継続が必要
1日あたりの価格  30日分で 233円(1日あたり) 30日分で 132円(1日あたり)
※定期コースの場合
30日分で 160円(1日あたり)
※定期コースの場合
飲みやすさ  カプセル  タブレット カプセル
安全性 特許成分(ラフマ葉エキス)
GMP認定工場で製造
機能性表示食品(L-テアニン)
GMP認定工場で製造
機能性表示食品(ラクティウム)
GMP、HACCP、有機JAS認定工場で製造
お試しポイント 休息特許成分の「ラフマ葉エキス」を含む、12種類もの睡眠サポート成分を配合。
そのぶん他と比べると価格が高めですが、定期コースではないので、合わなければ1度きりの購入でもOK。当サイト一番の人気サプリです。
「L-テアニン」の効能で、機能性表示食品として認可されています。
初回お試し価格が500円と最安です。ただし7日で効果を実感するのは難しいので、体質に合うか合わないの確認用途と考えましょう。定期コースですが初回のみで解約可能です。
「ラクティウム」の効能で、機能性表示食品として認可されています。
各成分の配合量が多く、効果を実感しやすいのがポイントです。
定期コースでの購入になりますが、その分、初回と毎月のコストが安くなるのが魅力です。
詳細 詳細を見る>>
詳細を見る>>

詳細を見る>>

おすすめ睡眠サプリはどれ?睡眠サプリTOP3

総合ランキング

【ネムリス-nemlis】

特許成分ラフマ葉エキスをはじめ、グリシン・GABA/トリプトファンなど、天然成分を主体とした12種類もの休息快眠成分を配合することによって、バランスよくナチュラルな休息をお届けします。

筑波大学裏出良博教授監修のもと、休息サプリメントとしては日本で初めての休息データ検証を行い深い休息反応の確認による科学的な実感が明らかになりました。 睡眠サプリはどれも同じではありません。夜の悩みに効果の実感と改善が期待できるサプリメントが「ネムリス」です。

【ネムリス-nemlis】のオススメポイント
・脳波データ検証で効果が実証されている
・特許取得の天然ハーブ素材「ラフマ葉抽出成分」を配合
・テアニンやトリプトファンなど、「心地よい睡眠」にこだわった多様な成分を配合
・GMP認定工場での製造だから安心の品質
・サプリメントらしくないおしゃれなパッケージ
・定期コースではないので買いやすい(購入後の営業電話もありません)
主な休息サポート成分(1日6粒あたり)
ラフマ葉エキス 30mg 、テアニン 36mg、クワンソウ30mg、メリッサエキス(10mg)、月見草(25mg)、グリシン(495mg)、GABA酵素(70mg)、トリプトファン(70mg)、ビタミンC(30mg)、ビタミンB6(9mg)、ビタミンB12(10㎍)、ナイアシン(5mg)

ネムリスをオススメするポイントは、配合される睡眠サポート成分のバランスの良さ。特許成分の「ラフマ葉エキス」を中心に、リラックスや落ち着きをもたらす多様な成分を配合しています。個人的にはパッケージが可愛いというのもポイント。睡眠サプリと言えども、お悩み系のサプリは人に見られて嬉しいものではないので、化粧品のようなボトルのネムリスは嬉しい配慮だと思います。

>>ネムリスをおトクに購入する


【グッドナイト27000】

グッドナイト27000」は、その商品名があらわすように、心地よい睡眠をサポートする成分が1袋でなんと27,000mgも含まれています。
有効成分の含有量というのは、ぱっと見ただけでは分かりにくいものなので、配合量を商品名にまでしているということは、それだけ自信があるってことですよね。

睡眠サポート成分としては、1袋(30日分に)「L-テアニン6,000mg(1日あたり200mg)」「グリシン7,380mg」「GABA3,060mg」「トリプトファン3,060mg」「ラフマ1,800mg」「カモミール2,700mg」が含まれています。(全成分の詳細は公式サイトで確認いただけます)

【グッドナイト27000】のオススメポイント
・睡眠サポート成分の種類と含有量が多い
・モンドセレクション金賞を受賞
・GMP、HACCP、有機JAS認定の工場にて製造の安心感
・プライバシーを重視したパッケージ
・定期コースの初回がなんと一袋990円(30日分)※2回目以降4,800円(20%オフ)※継続は3回必要
主な休息サポート成分(1日6粒あたり)
L-テアニン(200mg)、ラクティウム(90mg)グリシン(246mg)、GABA(102mg)、トリプトファン(102mg)、ラフマ(60mg)、カモミール(90mg)

公式サイトはこちら

グッドナイト27000の良いところは、圧倒的な睡眠サポート成分ですね。「量が多い=良い」と言えるわけではないですが、睡眠の質に悩みをかかえているなら、即効性を求めてこれを選んでみたくなるのもわかる気がします。また、かなり厳格な安全基準であるGMPと有機JASに加えてHACCP(ハサップ)認証まで取得した工場で製造するなど、品質面にも徹底的にこだわっています。成分が多いだけじゃなく品質面でもここまで追求したサプリは珍しいですね。

>>グッドナイト27000をおトクに購入する


【爽眠α-そうみんアルファ】

睡眠サポートサプリ【爽眠α】 」は、機能がしっかりと表示された機能性表示食品として販売されているサプリメントです。

爽眠αは、緑茶に多く含まれるリラックス作用のあるアミノ酸「L-テアニン」を200mg配合(1日あたり)。「L-テアニン」はリラックス効果の他にも、集中力アップ効果や月経前症候群(PMS)、更年期障害を和らげるという効果も報告されています。

普段よく飲んでいる緑茶にも含まれている成分が主体ですので、体に負担をかけずに穏やかな眠りをサポートしてくれます。

【爽眠α-そうみんアルファ】のオススメポイント
・睡眠サポート成分L-テアニンに関する「機能性表示食品」を届出済み
・国内GMP認定工場で製造だから高品質
・定期コースは初月のみ7日分が500円(2回目から30日分3,980円)
・プライバシーを考慮した配送
・定期コースはいつでも解約OK!
主な休息サポート成分(1日粒あたり)
 L-テアニン(200mg)

公式サイトはこちら

爽眠α(そうみんα)の良いところは、【機能性表示食品】として認められているL-テアニンにこだわり、1日あたり200mgも配合されているところ。他2製品と比べると睡眠サポート成分は少なめですが、その分価格もリーズナブルなので、効果が認められている成分に特化して、まずは手軽に試してみたい人にオススメです。錠剤がタブレットで飲みやすいのもいいですね。

>>爽眠αをおトクに購入する

「睡眠導入剤」と「睡眠改善薬」の違いってなに?

夜寝苦しくて寝られない、ストレスを抱えていて不安で眠ることができないという時に便利なのが、「睡眠薬」です。
睡眠薬と一口に言っても、実は「睡眠導入剤」と「睡眠改善薬」の2種類の薬が存在するんです。

では、この2種類の薬の違いと効果、どこで買うことができるのかを紹介していきたいと思います。

『睡眠導入剤ってなに?』

睡眠導入剤とは、睡眠に入りやすくする(入眠)を助ける薬で、よく聞く「睡眠薬」とはこの睡眠導入剤の事を指しています。
睡眠薬の種類は大きく分けて4種類あり、超短時間型・短時間型・中時間型・長時間型の4種類存在しています。

超時間型は入眠障害のある方に処方されます。短時間型は、入眠障害もあるけれど、途中で目覚めてしまうという方に処方されています。

中時間型は、すぐに眠れたものの早朝に目が覚めてしまう方に処方され、長時間型は強い作用があるので、眠れないというだけの方には処方されず、精神的疾患で眠る事の出来ない人に処方される薬です。

『睡眠改善薬ってなに?』

睡眠導入剤は長期間にわたる不眠状態を改善する薬でしたが、「睡眠改善薬」は「次の日に予定があるのに緊張して眠ることができない」などの一時的な不眠症状に用いられる薬です。

『睡眠導入剤と睡眠改善薬の違い』

睡眠導入剤と睡眠改善薬の大きな違いは、医師の処方が必要なのか、薬局で買うことができるのかというところと、働きかける体の部位の違いです。

睡眠導入剤は医師の処方が必要で、脳に直接働きかけ睡眠を促す薬です。精神的な安定を促す効果も含まれているので、精神的な辛さで長期間眠ることができない人に処方されるのが睡眠導入剤です。

反対に、睡眠改善薬は医師の処方なしで薬局やドラッグストアで購入することができます。睡眠改善薬は脳から分泌されるヒスタミンの量を抑え睡眠しやすくします。
もともとは睡眠障害の人向けの薬ではなく、風邪薬と同じ抗ヒスタミン剤を使用しているので、緊張で眠れない時や睡眠不足が続いて体が辛いと感じる時に一時的に使用する薬です。風邪薬を服用すると眠くなるのと同じ作用です。

ただし、「睡眠導入剤」「睡眠改善薬」のどちらも薬になるので、副作用の心配は避けられません。本当に深刻な状態であれば、病院を受診することをおすすめしますが、症状が軽かったり、またはよく分からない場合は、副作用の無いサプリメントからぜひ試していただきたいところです。

数週間使用しても効果が得られない場合や精神的に辛い事があって眠ることができない場合は病院を受診して睡眠導入剤を処方してもらいましょう。
睡眠導入剤も医師に相談すれば、日常生活に支障のないものを処方してくれます。

睡眠の「質」改善にサプリメントをオススメする理由

日本人には睡眠不足の人が多い、と言うのを聞いたことがある人も多いはず。

実際のところ、2009年のOECD(経済協力開発機構)の調査によると日本人の平均睡眠時間は7時間50分という結果が出ています。

これは1位のフランスより約1時間も少なく、米国・カナダ・英国など調査した18カ国中、韓国に次いで2番目に短いのです。睡眠の大切さは理解しているけれど、なかなか実践に移すのは難しくて…と言うのが日本人の実情なのかもしれませんね。

睡眠不足は、短期的には体力や集中力を奪われるなどの肉体的疲労で済むのですが、それが長期間続いて慢性化するようになると、今度はうつ病をはじめとする精神疾患へとつながったり、脳への悪影響が出てくるなど、心身を蝕む恐ろしい健康被害へとつながる恐れがあります。

とはいえ、睡眠時間を増やすというのは忙しい現代人にとってはなかなか難しい部分もあるので、ここではサプリメントを利用して手軽に「睡眠の質」を高める方法をご紹介します。

睡眠の質を高めるサプリメント

全体の睡眠時間は変えずに「睡眠の質」を向上させる手段としては、「適度な運動」「太陽の光を浴びる」「肉類を中心にバランス良く食べる」など、日中にできるだけ体を動かし、健康的な食生活を心がけることが重要です。

では、なぜこのようなことが必要なのかというと、太陽の光を浴びることで生成される「セロトニン」や食事から得られる「トリプトファン」が、体内で生成される眠りホルモンである「メラトニン」の生成に必要不可欠だからです。

>>メラトニンについて詳しくはこちら

他にも運動で血流が良くなることや、栄養価の高い食事で得られる成分に睡眠の質を高めるものが多いことから、「運動」と「食事」は安眠にとって重要な要素と考えられています。

ですが、現代の仕事はデスクワークが中心の方も多いですし、バランスの良い食事というのも意識しなければ中々難しいと思います。忙しさから思うように睡眠がとれず、食生活も乱れてしまったことにより眠りが浅くなるという悪循環は、どうにか断ち切りたいものです。

そのような状況でも、睡眠をサポートする栄養成分を手軽に摂れるのが「サプリメント」です。

サプリメントにも成分が色々あり、それぞれに効果も違うので、価格や相性などから自分に合ったものを見つける必要があります。

主な睡眠サポート成分には以下のものがあります。

トリプトファン ヒトに必要な9種の必須アミノ酸のひとつ。セロトニンの生成を助け、最終的に眠りホルモンと言われるメラトニンを増やします。肉・魚を中心に多くの食品に含まれる成分です。
ギャバ(GABA) 人間の脳で生成される天然アミノ酸のひとつで、γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)を略して、GABA(ギャバ)と言います。気持ちを落ち着かせる「抗ストレス作用」があり、リラックス状態をもたらします。
L-テアニン  L-テアニンは、お茶に多く含まれているアミノ酸の一種で、お茶のうま味や甘味の元になる成分です。正式名称はL-テアニン(L-Theanine)ですが、一般的には「テアニン」と呼ばれます。具体的な効果としては「リラックス効果」があります。
セントジョーンズワート セントジョーンズワートとは西洋で多く使用されるハーブの一種で、体内のセロトニンの減少を抑え、軽度のうつ症状を抑制する作用があります。一部の薬との相互作用が報告されているので、事前に確認が必要です。【参考:セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)と医薬品の相互作用について
ラフマ葉 中国北西部から中央アジアにかけて広く自生するラフマ(羅布麻)という植物の葉から抽出されています。セントジョーンズワートと同じく体内のセロトニンの減少を抑える働きがありますが、セントジョーンズワートのように相互作用や副作用の報告はない上、効果も高いと言われています。中国ではラフマ茶として親しまれており、数ある健康茶の中で唯一、医薬品として認められています。
クワンソウ 日本の琉球大学が発見したクワンソウに含まれる成分「オキシピナタニン」 に、休息につながる深い眠り(ノンレム睡眠)を誘発する働きがあるとされ注目されています。副作用もなくグリシンの100倍以上の睡眠効果があるとされ、オキシピナタニン抽出技術に関しては、日本の会社が「睡眠改善剤」として特許を取得していますが、サプリメントとしてはまだ販売されていません。【参考:ストレス解消・鎮静成分 オキシピナタニン
ラクティウム  ラクティウム(Luctium)はミルク由来の食品成分で、ストレスの緩和に効果があるとされています。「赤ちゃんが母乳を飲むと安らぐ」という事からフランスで研究が始まり、赤ちゃんがすやすや眠る理由として「デカペプチド」が関係しているということが明らかになりました。大人になるとこのデカペプチドを作り出すことが難しくなり、ストレスや不眠の原因へとつながるのではないかと言われています。
バレリアン  バレリアン(カノコ草)は、天然ハーブの1種で、欧米では昔から鎮静薬や睡眠導入薬として使われ、バレリアンの根はハーブティーとしても用いられています。
カモミール ハーブティーとして有名なカモミールですが、「植物のお医者さん」とも呼ばれ、安眠効果、リラックス効果、消化促進、アレルギー症状の緩和などの様々な効果があり、古くから民間療法などで利用されてきました。
ビタミンB6 魚類やバナナに多く含まれるビタミンB6は、食物中のたんぱく質からエネルギーを産生したり、筋肉や血液などがつくられたりする際に働きます。トリプトファンからセロトニンを生成する際に必要となるビタミンです。
ビタミンB12 魚介類やレバーなどに含まれるビタミンB12は、睡眠・覚醒に作用するビタミンとされ、脳からの指令を伝達する神経を正常に保つ役割があります。また、赤血球中のヘモグロビン生成を助けるので貧血にも効果があります。

睡眠薬とくらべて体への影響が少ない

睡眠サプリは、医師から処方される「睡眠薬」とは異なり強い依存性や副作用がありません。またドリエルなどの「睡眠導入剤」と比べても副作用などの面で安全です。

睡眠サプリは健康補助食品としての扱いになるので、わかりやすく言えば「食べ物」です。また、原材料のほとんどが自然由来のハーブなどを用いているので、体への負担や影響はほとんどなく、副作用もありません。(ただし、バレリアンやセントジョーンズワートなど、特定の薬と同時に服用すると効き目が強くなってしまうなどの相互作用がある場合があるので、薬と併用される場合はご注意ください。)

簡単に言えば、「薬」は脳や体の機能に直接すばやく働きかけるのに対し、サプリメントは「体質改善」を目的としたものになります。ですので、ご自身の不眠症状が重度のものである場合は、医師に相談して睡眠薬を処方してもらう方が適切です。

ただし、「薬」の場合は科学的に合成された人工物なので、良くも悪くも体への影響力が強いといえます。その点、サプリメントは体質改善の効果が出るまで時間がかかるぶん、体にとって安全であるといえます。

睡眠以外の効果も期待できる

睡眠サプリの種類によっても異なりますが、睡眠サプリメントには睡眠をうながす成分だけではなく、睡眠以外のリラックス成分や目覚めをスッキリさせる成分といった体質バランスを改善するサポート成分も含まれています。

これが睡眠薬の場合だと、例えばベンゾジアゼピン系睡眠薬の場合、入眠という部分では高い効果を示しても、その後の寝起きの悪さや日中のぼんやり感など、「寝た後」の不快感が副作用により発生する場合があります。

不眠を解消するために飲んだ睡眠薬のためにかえって体調が悪くなる…というのはあまり考えたくないですよね。

その点、サプリメントであれば副作用の心配がありませんので気軽に摂取できます。効果を感じられるまでに最低3ヶ月〜半年と長期間かかってしまうという点は難点ではありますが、うつ症状などの緊急性の高い場合でなければ、しばらくサプリメントで様子を見てみるというのもひとつの方法です。

サプリメントは手軽に体質改善が望める

眠りたいという切実な状況には睡眠薬で対応することもひとつの手段ですが、不眠に悩むほとんどの方はそこまで深刻ではないと思います。その場合は手軽な睡眠サプリメントの使用を検討してみてはいかがでしょうか?

オススメサプリはこれ!

「ネムリス」は、特許取得の天然ハーブで快適な眠りをサポート!

睡眠サポートサプリ「ネムリス」は、睡眠効果のある天然のハーブ成分「ラフマ葉抽出成分」を30mg配合

ラフマ葉抽出成分は、古くから血圧を下げたり、精神を安定させる生薬として利用されてきたほか、快眠成分として特許まで取得しています。また、「L-テアニン」や「トリプトファン」などの睡眠サポート成分もたっぷり12種類配合。

無農薬素材なので、副作用もなく安全性も高いです。

今なら初回限定1人3個まで1,330円おトクになる「お試しパック」が購入可能。定期便ではない買い切りなので、初めてでも安心して購入できますね。

>>最安値で買える公式サイトはこちら

Copyright© 夢眠(ゆめねむ).com , 2018 All Rights Reserved.